アルギニンは他のアミノ酸よりも保湿効果や肌荒れ改善効果が高い

アルギニンという美容成分をご存知ですか?どこかで聞いたような聞かないような名前ですよね。でもこのアルギニンは美容には大きな貢献をしています。最も美肌に良い事が期待されるアミノ酸です。ここではアルギニンの美容効果について見ていきましょう。

 

アミノ酸はよく宣伝されますから美容に効果があるのは知っていますよね。人間が利用するアミノ酸は20種類あると言われます。その中でも特に美肌に効果が期待できるのがアルギニンです。

 

 

赤ちゃんのぷりぷりした肌は人間が生まれてから死ぬまでで最も美しい肌ですよね。

 

でも人間は年を取るとどうしてもお肌がカサカサにごわごわになります。お肌のしっとり感は皮膚の水分量と大きく関係しています。皮膚は角層に常に10%から20%の水分を含んでいます。これで皮膚を乾燥から保護しています。ところがこの角層に含まれる水分が10パーセント以下になると肌はカサカサしてひびが入ります。この角層に水分を保持しているのがNMFです。

 

NMFが足りなくなると皮膚の水分は減って肌は荒れてカサカサになる事があります。実際このような人は健康な肌に比べるとNMFが少ない傾向にあるようです。ではこの皮膚の水分を保持するNMFは何からできているのでしょうか。NMFの成分は約半分はアミノ酸類、およそ10%は尿素、約20%が無機塩です。中でもアミノ酸類と尿素の役割は大きいです。

 

アミノ酸の中でもアルギニンは水と結合しやすいです。そのためアルギニンは保湿効果が高いと考えれています。尿素は保湿効果や肌荒れを改善すると言われますが、この尿素は実はアルギナーゼと言う酵素の力でアルギニンから生成されます。したがってアルギニンはアルギニンそのものの効果とアルギナーゼによって尿素になる効果とのダブル効果があるという事になります。

 

 

ですから、他のアミノ酸よりも保湿効果や肌荒れ改善効果が高いのです。アルギニンはサプリメントで補う方が外から補うよりも保湿効果が上がります。アルギニンの素晴らしい効果に気づいていただけましたか?ぜひ、アルギニンを実際に試してみましょう。