保湿力を高めるサポート的役割を果たすコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸

いつまでも肌を若々しく保つ秘訣は、やはり保湿力です。保湿力が高ければ、ハリがあるみずみずしい美しい肌を保つことができます。その保湿力を高めるサポート的役割を果たすのが、コラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸の3大保湿成分です。保湿をアップしてくれる美容成分を効果的に肌に取り込むことで、シワやたるみ予防といったアンチエイジングにも繋がります。

 

肌のハリを作り出す土台的な役割のコラーゲン

 

コラーゲンは元々肌にある物質で、わかり易く言えば、ベッドのクッションにあるスプリングのような働きをしています。加齢や外部からの刺激によってコラーゲンが減少すると、シワやたるみといった肌トラブルが引き起こされます。ただ、コラーゲンの分子は肌に浸透しにくい大きさなので、美容液や化粧水に含まれているコラーゲンが、肌の奥まで浸透するのはなかなか難しいです。しかし、保湿効果は絶大なので、肌に馴染ませて保湿を高めることによって肌の調子を整え、内部でのコラーゲン生成を促すことができます。

 

バリア機能と保湿機能があるセラミド

 

セラミドは、保湿機能があるだけでなく、バリア機能もあるの成分です。そのため、セラミド成分の割合が多い人は、シミやシワができにくいとされています。化粧品などに含まれているセラミドには、天然セラミド、バイオセラミド、擬似セラミドの3種類があります。特に天然セラミドは、人の持つセラミドと同じ働きをしてくれるので効果が高い分、値段が高めです。セラミド成分は、化粧品からの摂取が非常に有効なので、保湿不足やシミ、シワなどの肌トラブル改善にとても最適です。

 

肌の弾力を生み出すヒアルロン酸

 

ヒアルロン酸は、皮膚だけでなく軟骨や目など身体の様々な部分に存在する物質です。細胞と細胞の間で水分を蓄え、クッションのような弾力を生み出します。ヒアルロン酸の保水力はとても高く、1gで6?の水を抱え込むことができます。この保水力パワーで、セラミドと共に肌に潤いと弾力、ハリをもたらしてくれます。ヒアルロン酸は、肌の外部から塗ることで肌にベールを作り、保湿保護に役立ちます。最近では、肌の表面に留まり易い性質を持つヒアルロン酸も開発されていますので、そうした高機能成分が含まれている化粧品を選ぶことで、より高い効果が期待できます。"