踏み台昇降は普段使われていない筋肉を使う

ダイエットは続けることで効果を実感できます。

 

続けやすい運動が踏み台昇降です。10〜30cmほどの段差を上り下りするだけで、テレビを見ながらなどながら運動ができます。フィットネスクラブではステップといって取り入れられています。運動には無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動は筋トレなど瞬発的にエネルギーを使うもので、有酸素運動は酸素を使ってエネルギーを消費する運動です。

 

脂肪を燃やしてくれるのは有酸素運動です。有酸素運動には水泳、ジョギング、ウォーキングなどがありますが、外に出なければいけませんよね。雨の日はできなくて1日さぼるとその後続かなかったり、運動をする時間を取りにくいと思います。仕事があり夜でないと運動できない方もいますが、夜間に外出するのは危険です。しかし、踏み台昇降なら自宅でできるので、雨の日でも運動を継続でき、外に出るための時間を作る必要もありません。踏み台昇降は段差を上り下りするだけですが、普段使われていない筋肉を使うため、ヒップアップや太ももの引き締めなどが期待できます。ステップ用のマシンが販売されていますが、わざわざ購入する必要はありません。

 

自宅にあるもので踏み台昇降ができます。雑誌や新聞などを10〜30cm積み重ねれば適度な段差ができます。上り下りしているときに滑らないように紐で縛っておくとよいです。両足をのせて安定することを確認してください。自分の踏み出しやすい足から上り、両足をそろえたら最初に踏み出した足から降ります。これをテンポよく続けます。

 

途中足踏みをして踏み出すときの足を入れ替えましょう。10〜30分行うのが目安です。無理がないように10分くらいから初めて、徐々に時間を伸ばしていくとよいです。段差を高くすると負荷が大きくなります。同じ動作を繰り返していると飽きてきてしまいますが、テレビを見ながらならあっという間です。音楽を聞きながらならテンポよくできます。リズムに合わせて動けば楽しくできます。